たそがれアッガイの1日+

ガンダムのコトを中心に楽しく楽しく書いてください オィ━━━━ヽ(*′▽`)人(*′▽`)ノ━━━━ッス!! 見たらコメントするでやんすよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

家庭教師ヒットマンりボーン!!

今日は、リボーンのマンガの1巻を買いました。
明後日日光移動教室なんだ~。ネタが無いどうしよう
( ´・ω・`)ショボーン
ガンダムの情報!!
モビルスーツ 陸戦型ガンダム
 RX-79(G) 陸戦型ガンダムは、高性能を追求して開発されたRX-78-2 ガンダムの製造過程で生じた多数の基準外余剰パーツを流用し、陸戦専用機として開発された機体である。データ収集を目的とした試作テスト機としての色合いの濃いRX-78に比べ、RX-79(G)は計画段階から実戦投入を前提として造られていた。このため、コアファイター・システムや大気圏突入能力などの特殊機構は省略されたものの、実用的な積載ラックやシュノーケルカメラ等を装備し、さらにRX-78同様の高出力ジェネレータを搭載、装甲も高価なルナチタニウム合金を使用するという、非常に高性能なモビルスーツとして完成している。

 実戦投入を想定し陸戦型として設計されたRX-79(G)には、オリジナルであるRX-78-2にはない新機構が数多く採用されている。まず頭部にはRX-78と同型のデュアルセンサーながら、60mmバルカン砲を省略し装甲厚を変更、その上で密林地帯や水面下での索敵行動を目的としたシュノーケルカメラや内蔵型アンテナを追加装備していた。また、シールドは持ち回りを改善するためにノーマルよりも小型のものを採用、先端は爪状に成型されており格闘戦の武器としてやMS用の塹壕を掘る際に使用できるようになっている。そして、これまで背部バックパックに収納されていたビームサーベルは、コンテナ用ラックのスペース確保と密林内でのより迅速な武器交換のために両脚サイドのラックに変更されていた。

 モビルスーツの存在は、従来戦車や固定砲台に使用されていた大口径砲を戦車以上の機動力をもって運用することを可能にしていた。このためMSの装甲ならば容易に貫通、破壊するだけの威力を持ち、作戦に応じて各種弾頭が選択可能となっていたこの180mmキャノンは3機編成のMS小隊ではバックアップ用として装備されることが多かった。しかし、密林地帯においてこうした長大な兵器の運搬は容易なものではなく、MSが携帯するにしてもその大きさは行軍の支障となりかねなかったため、その設計には様々なアイディアが盛り込まれている。その最大の特徴が各パーツごとへの分解機構で、砲身、銃座、銃底部、そしてマガジン弾倉に分割され、背部に背負った運搬用コンテナに収納することでこの問題を解決していた。

 また、モビルスーツはその形状が人型であるため、各種携帯武器についてもそれまで歩兵が使用していたものの延長上にあるデザインのものが多かった。こうした武装の一つに大型ミサイルランチャーが存在し、対艦、対地および対空のすべてをこなす万能兵器として陸戦用MSに実戦配備されていた。コンテナ内に計6発の高性能誘導ミサイルが装填され、主に支援任務や中距離からのピンポイント攻撃に使用される。トーチカ破壊や攻撃ヘリ迎撃に活躍した。


主人公 シロー・アマダ
 U.C.0057年、サイド2生まれ。地球連邦軍のMSパイロット。一年戦争勃発直前に士官学校を卒業した新米士官。スペースコロニー生まれである彼は、ジオン公国に対しそれほど悪感情を抱いてはいなかったが、一週間戦争における毒ガス攻撃で最初の任地であるサイド2が全滅した時からこのような非人道的な攻撃を行った公国軍に激しい憤りを感じ、積極的に戦うようになる。

 U.C.0079年10月6日、地球へ赴任する途中で損傷したRGM-79[E]GM(宇宙用先行量産型ジム)とMS-06RD-4高機動試験型ザクとの戦闘に遭遇。ジムを救出するためにRB-79K先行量産型ボールで出撃。奇襲攻撃によりザクを撃墜するが、自らのボールも破壊され、大破した連邦軍艦艇に先程戦った敵パイロット、アイナ・サハリンと取り残される。生き延びるため、互いに協力して救援を呼ぶことにしたシローとアイナは束の間心を通わせる。救援要請は成功し、二人は無事、自軍に救助された。

 地球降下後は極東方面軍機械化混成大隊(通称コジマ大隊)のMS第2中隊08小隊の小隊長に就任。当初は新米の「甘ちゃん」として部隊でも軽んじられていたが、彼の真摯な態度と優れた実行力は、部下たちのみならず現地のゲリラにも信用を築き上げていくことになる。

 ある日08小隊は公国軍の実験用MAアプサラスIIと遭遇、交戦し、シローのRX-79[G]陸戦用先行量産型ガンダムは大破、同機とともに墜落。シローは奇しくもアプサラスIIのテストパイロットを務めていたアイナとともに再び今度は雪山に取り残される。ここでアイナと更に心を通わせたシローはジオンに所属する者もまた人間であることを思い出し、話し合いで愚かな戦争を回避出来る可能性を見出す。しかし救出され帰還した彼にはジオンと内通したスパイ容疑がかけられた上、「戦わずに話し合いで分り合う」という理想も軍務との間に矛盾をきたし始める。

 それでも仲間を死なせないために戦い続けていたシローであったが、チベットのラサ秘密基地の攻防戦においてついに軍を辞めることを決断する。味方のRGM-79[G]GMスナイパーからも狙われる中、彼は狂気に侵されたアイナの兄ギニアス・サハリン技術少将のアプサラスIIIをRX-79[G]Ez-8ガンダムEz-8でアイナとともに撃破。しかしEz-8も爆発の中に消え、消息を絶つ。

 公式記録ではここで戦死したこととなっているが、最後の戦闘において片足を失ったものの生き延びた彼は、戦後、アイナと二人ひっそりとしかし幸せに暮らしていたことが、後にミケル・ニノリッチ元伍長とキキ・ロジータによって確認されている。

 指揮官としてまたパイロットとして有能な人物であったが、軍人である前に人間でありたいと願い、またその意志を貫いた人物であると言えるだろう。


スポンサーサイト

テーマ:どうして上手くいかないのかなぁ(・ω・`*) - ジャンル:日記

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<更新!! | HOME | アンケート>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。